◆ビジネスを学ぶ意義
 国際化・情報化が進んだ現代社会では、刻々と変化する経済情勢の下、企業活動も多様化しています。専門的にビジネスを学ぶことが不可欠の時代と言えるでしょう。
 商業科では、様々な職に携わる上で役立つ基礎・基本を学び、将来のスペシャリストを育成するためのカリキュラムが充実しています。簿記や情報処理などの事務的なスキル、経済活動における法律上の知識、顧客のニーズを把握し、商品開発に生かすマーケティングの考え方などは、多くの職業に共通して必要なものです。また、総合実践では、基礎的なビジネスマナーを身につけるのはもちろんのこと、社会人として豊かな人間性を養うことも重視しています。

◆幅広い資格取得への挑戦
 3年間を通じて各種の検定に挑戦し、就職にも進学にも有利となる幅広い資格取得を目指します。
  取得できる主な資格
  ・日本商工会議所主催 簿記検定2級
  ・全国商業高等学校協会主催(3種目1級合格を目指します。)
    簿記実務検定
    ビジネス文書実務検定
    珠算・電卓実務検定(珠算部門/電卓部門)
    情報処理検定(ビジネス情報部門/プログラミング部門)
    商業経済検定
    会計実務検定
    英語検定

◆多様化する入試への対応
 
指定校推薦・資格推薦・公募推薦・AO入試等数多くの方法がありますが、あらゆる方法により大学進学ができるようなカリキュラムを用意しています。資格を生かした入試では、日商簿記検定2級や全商簿記検定1級を取得して進学します。
  
 ◆Curriculum(カリキュラム)