◆幅広い資格への挑戦
 現代の社会は、国際化、情報化が急速に進行し、経済情勢や企業活動が多様化している。このような社会の多様化に対応し、専門性を重視した商業を学ぶことが不可欠の時代です。商業科では、様々な職業に役立つ基礎的・基本的な知識や技術を学びます。各学習分野は、将来のスペシャリストの基礎・基本を育成するための学習です。たとえば、簿記や情報処理といった事務的な知識や技術、経済や法律の取引に関する知識、マーケティングなどの流通に関する知識などは、多くの職業に共通して必要なものです。総合実践では、基礎的なビジネスマナーを身につけ豊かな人間性を育てます。ビジネスに関する技術を身につけるために、記録・計算・記帳の知識やコンピュータに関する操作といった練習を繰り返し、基本的な技術を習得します。またそのような知識・技術を生かし、各種の検定に挑戦し、全商簿記検定1級・日商簿記検定2級・電卓検定1級・ビジネス文書検定(旧ワープロ検定)・情報処理検定(ビジネス情報部門)・商業経済検定等の資格取得を目指します。
 
◆大学への進学

 
指定校推薦・資格推薦・一般推薦・一般入試等数多くの方法がありますが、あらゆる方法により大学進学ができるようなカリキュラムを用意しています。資格を生かした入試では、日商簿記検定2級や、全商簿記検定1級を取得して進学したり、部活動での実績などを利用してAO入試で進学する生徒もいます。
  
 ◆Curriculum(カリキュラム)