タイトル
深谷商業
 
訪問者数1313931
Since2011.1.11


 

校長あいさつ

   
 校長  峰 稔浩
 就職・進学ともに有利な専門高校
 渋沢栄一翁の精神を受け継ぐ商業高校です。
  
   
 

  
 本校は県立の商業高校としては県内で最も古い歴史と伝統を誇っており、卒業生は約26,000名に及びます。大正から昭和の初めにかけては、埼玉県立商業学校、「埼商」と呼ばれ、校章の白線一本は、「一商」県立第一商業高校を示します。
 開校間もない大正十一年、この深谷市出身、近代日本の資本主義の父といわれた渋沢栄一翁が来校され、「
至誠」「士魂商才」という揮毫(きごう)を贈られました。以来これが本校の校訓となっています。渋沢栄一翁は、「まごころをもって何事にも尽くすこと」「商業は常に道徳を根底とし、世の中のために利益を還元することが大切」との教えを残しました。 
 本校ではこの渋沢一翁の精神を受け継ぎ、ビジネス社会に必要とされる様々な活動を主体的、合理的に行う能力と態度を学習し、望ましい経済社会の推進者を育成することに力を入れています。

 
                       

※1 卒業生278名中,進学147名,就職131名全員の進路が決定しました。
※2 全国商業高等学校協会主催検定試験の1級を三種目取得して卒業した生徒の数(115名)
  (平成29年度全国商業高等学校協会加盟校約1,500校中)

 
 4月9日の午前の始業式では進級した3年生275名,2年生275名,そして午後の入学式では新入生283名,合わせて833名の元気な顔を確認して,平成30年度がスタートしました。
 平成29年度は,
進  路  実  現 100%
全商検定3種目1級合格者数全国26位/1,500校中

 という,素晴らしい実績を上げることができました。この実績は,「自分の将来のために深商で学ぶ」という強い目的意識を持った生徒一人一人と,これを全力でサポートする先生方の真摯な努力の成果です。
 平成30年度も,引き続き学力向上資格取得で生徒一人一人の夢を実現する学校を目指し,生徒,教員一丸となって頑張ります。是非,深商の頑張る生徒を応援してください。

平成30年度第1学期 始業式 校長講話


平成30年度第3学期 始業式 校長講話


平成30年度入学式 校長式辞
 
校長室日誌
2016/06/27

コンピュータ部優勝報告(校長室日誌)

| by kanri1
 6月4日に開催された「第28回埼玉県高等学校情報処理競技大会」で見事に団体優勝を果たし,7月24日に開催される全国大会への出場することとなったコンピュータ部のメンバーが,校長室に報告に来て,優勝旗を飾ってくれました。
チームキャプテンの新井さんは,埼玉の代表として全国10位以内を目指して頑張りますと力強く決意を述べてくれました。全国大会でも全力を出し切り活躍することを期待いたします。
 
 後列左から(久慈さん,野口さん,青木君,○佐伯君) 前列左から(○新井さん,立花君,○新井君)いずれもコンピュータ部3年生
(※○の3名の他に3年倉本君を加えた4名が全国大会団体メンバーです)

10:45
2016/06/17

頑張ってる卒業生ー足利銀行(校長室日誌)

| by kanri1
 
足利銀行の深谷支店にご挨拶に伺い,支店長の山本様にご対応いただきました。足利銀行様には,昨年から本行への求人を復活していただいています。
深谷支店には,今年4月に本校から入社された加藤さんが配属されています。採用されてまだ2ヶ月ですが,しっかり研修を受け,窓口の支援業務で活躍していました。
加藤さんによると,研修は大学卒業者と一緒で大変なことも多かったが,年齢が上の大卒者と一緒に学び,色々お話しできたことは楽しかったとのことでした。特に,高校時代に学んだ電卓で大卒者に負けない技術を発揮できたことが,仕事の大きな自信になったと話してくださいました。
山本支店長様からは,高校生の良さは,真面目で一生懸命に仕事に取り組めることだとの評価をいただきました。生徒のみなさんは,是非,今後もその期待に応えるために,仕事に高い目標を持ち,積極的に会社に貢献できる資質,能力を身につけるよう励んで欲しいと思います。
山本支店長様はじめ,足利銀行の皆様,大変ありがとうございました。
 
山本支店長(右)と加藤さん(左)ー足利銀行深谷支店にてー

08:20
2016/05/12

ゴルゴ松本氏来校「命の授業」(校長室日誌)

| by kanri1
本日,本校において,ゴルゴ松本氏をお迎えした講演会「命の授業」を実施しました。PTA主催の生徒指導講演会として企画し,全校生徒836名と保護者約200名が熱心なお話を楽しくお聞きしました。
松本氏は,深谷市(花園町)のご出身で,現在,深谷市親善大使を勤められています。今回は,PTA役員の皆さんの「何か生徒に伝わる講演を」という熱意に満ちた発案の下,本校の小川原教頭が,松本氏の高校時代の野球部監督であったというご縁で実現しました。
今の自分があるのは過去の自分の積み重ねであり,今の自分の有り様で未来の自分が変わる。今やっていることは5年10年先に必要なことであることに気づいて,今に全力を注ぐことが大切であることなどを,生徒との掛け合いやユーモアを交え,熱く楽しく語っていただきました。
私は特に,「過去は変えられないが未来は変えられるというけれど,実は,過去も変えられる。」「過去を変えるということは,過去をきちんと省みて今の自分を変えることで,今の自分が変われば未来の自分が変わる」というお話が大変印象的でした。
松本氏のユーモアの中に真摯な言葉を織り込む話力に,人間的な深い魅力を感じ取ることができ,私も改めてファンなりました。生徒も,松本氏の熱い語りを聞いて大いに感性が刺激され,磨かれたことと思います。お忙しいスケジュールの中,大変有意義な時間を作っていただいたことに,心から感謝申し上げます。           
 H28.5.12校長室にて
※左端が小川原教頭,右は江原教諭(ゴルゴ松本氏の高校の野球部の先輩で,本校の野球部監督)

17:33
2016/05/10

深谷駅の駅長さん(校長室日誌)

| by kanri1
 深商生(私も)が日頃お世話になっているJR深谷駅の高橋武志駅長さんをご紹介いたします。駅長さんは,昭和51年3月に深谷商業高校を卒業された深商OBです。
 今年3月の本校卒業式にご来賓として出席下さり,後輩の旅立ちをご祝福いただきました。また,4月の入学式では,新入生への定期券の発行のために駅員さん達とご来校いただきました。いつも,駅で深商生を見守っていただいています。皆さん,駅でお見かけしたら是非ご挨拶をしましょう。これからもよろしくお願いいたします。


高橋 武志 深谷駅駅長

 
PS 高橋駅長さんに伺いましたら,谷駅の駅長さんも深商OBだそうです。地域で活躍するOBが沢山いらっしゃることを改めて実感します。
             
                                 

     春の深谷駅

10:15
2015/04/10

2016年度のスタート

| by kanri1
4月8日の午前の始業式では進級した3年生277名,2年生280名,そして午後の入学式では新入生279名,合わせて836名の元気な顔を確認して,平成28年度がスタートしました。
 平成27年度は,
進 路 実 現100%あああ   
全商検定合格者数全国9位/1,428校中

 という,素晴らしい実績を上がることができました。この実績は,「自分の将来のために深商で学ぶ」という強い目的意識を持った生徒一人一人と,これを全力でサポートする先生方の真摯な努力の賜です。
 平成28年度も,引き続き学力向上資格取得で生徒一人一人の夢を実現する学校を目指し,生徒,教員一丸となって頑張ります。是非,深商の頑張る生徒を応援してください。
              
4月4日
 桜と菜の花(唐沢川) 
 4月7日
 花道(唐沢川歩道) 
私が駅から深商までの通勤に使う唐沢川の春の風景です。今年は天候不順で寒い日も多かったので,4月になっても桜がきれいに咲いていました。4月7日は風が強く,桜吹雪の中を登校しました。



18:17
COUNTER16734